さらば旭川!また来る日まで!

さて、無事ホクリョウでのコンサートを終えて、
お腹もたんまりと膨れ上がったので、そろそろ旭川を後にします。

ホクリョウ社長夫妻には3回連続でお世話になりまして本当に感謝です。
お二人ともかなり音楽に対して強い想いをお持ちなので、
その想いを僕らの歌声に乗せて、お客様にお届けさせていただきました。

今回の司会をしていただいたHBCアナウンサーの堰八紗也佳さんと。

たくさんの方の笑顔を見て、楽しい時間を一緒に過ごして、
そして、ほんの少しだけでも僕らの音楽に興味を持っていただいたことは、
何にも変えがたいものですね。まさにプライスレス!

また是非歌いに来て、美味しいものを食べて、
今度は旭山動物園にも行くぞ!!
二郎さんうらやましい!!!

ってことで、最後にホテルの朝食会場でたべたイクラご飯。

旭川本当に涼しくて、過ごしやすくて、美味しくて。
・・・東京の天気に順応できるだろうか・・・。

The JADE in 旭川

ホクリョウpresents オペラのおもてなし with The JADE
無事めでたく終了いたしました!

卵をたくさん食べていただいて、
我々The JADEを初めて知っていただいた方もたくさんいらっしゃったともいます。

第2部の衣装は白身と黄身の卵模様。
だんだんエスカレートしてきて、
今回は目まで黄色にさせていただきました!

写真でわかるかな〜・・・。

気持ち目の前が白かったですが、

The JADE初の北海道は本当に楽しませていただきました!

旭川の美味しいお店。

旭川はいい天気です!
そして、空気がさらっとしているので本当に気持ちいい。
ただいま22度。
初秋を感じさせる空ですね。

さて、昨日は英気を養いに美食三昧!
北海道といえばお寿司とジンギスカン!
(ほかにもいっぱいあるとおもいますけど・・・。)
じゃん!

お刺身!
じゃじゃん!!

ヤマメのフライ!
じゃじゃじゃん!!!

お寿司!
どで〜〜〜〜〜ん!!!!

生マトンジンギスカン!
いただきました〜・・・。

さぁ!あとは!歌うだけです!
旭川においでの皆さん!お楽しみに!

旭川へGO!!

The JADE旭川公演へ!

ちょっとあいちゃいましたね〜。すみません。
少しの夏休みを満喫し、そのあとは怒涛の稽古でしたが、
皆さんはどんな夏休みでしたか?

お休みの中であったちょっと面白いことはまた書かせていただきます。

さて、明日は「ホクリョウpresents オペラのおもてなし The JADE」
ということで、今羽田を離陸し旭川に向けてマッハで移動中です。

これやってみたかったんですよ。飛行機の中からブログ更新。

ということで、まさに今目の前には成田さんが座っています。

そして気圧でチョココロネの袋がパンパンです。

明日のコンサートは基本的にはクローズドでして、
卵を買ってくださって応募された方から抽選でということになっております。
結構たくさんの応募があったみたいです。
もしたくさん卵を食べたけど当たらなかったという方!
本当にすみません。

そんな方はですね、明日の土曜日18時半よりBSフジにて「レシピ・アン」という番組に、
The JADEの中からは僕が出ておりますので、
そちらをぜひご覧ください!(笑)
「レシピ・アン」の方はゲストはヴァイオリニストの三浦文彰さん。
まだ20代の天才ヴァイオリニスト!
あの真田丸のオープニングテーマのヴァイオリンソロを弾いてらっしゃった方です。

こちらの方もぜひご覧ください!

レシピ・アンin山梨

今日はレシピ・アンの収録でした〜。

inフフ山梨。保健農園ホテルです。
ま〜山の中です。

カブトムシでも探そうかと思いましたが、
ちょっと雨が降ったりで断念(笑)。

突然決まった収録でしたが、今回のゲスト!
来ました!!時の人!
もう収録が終わった瞬間に次があったので風のように帰って行きましたが、
誰かはもうちょっと置いて起きましょうね。。。

そして今回のMCはテノールのダンディー小貫さんと一緒。

ということで8月も出演いたしますレシピ・アン。
どうぞお楽しみに!

絹のはしご 音楽稽古

はい〜。暑いですね〜。

昨日は「コジ・ファン・トゥッテ」の音楽稽古。
今日は「絹のはしご」の音楽稽古でした。

2日連続でオペラ・ブッファに浸って、
カヴァレリアの脳みそがあっという間にレチタティーヴォモードになりました。

レチタティーヴォの曲をやり続けると、
夢の中でイタリア語でしゃべってたりするんですよね・・・。
ま、何を喋ってるか覚えてはいないんですけどね・・・。
だから通じるような言葉を話してるとは思えないですけど・・・。

「絹のはしご」はロッシーニの若かりし頃の作品。
モーツァルトの成熟された頃の作品である「コジ・ファン・トゥッテ」と比べると、
なんとなくレチタティーヴォのイタリア語とメロディがピタッと来ないな〜と言う感じがしますが、
それは、僕がイタリア語にまだ精通し切れてないということ・・・。

でも、音楽の中にはまさにロッシーニと思わせるものが山盛りです。

まだまだどんな完成形が待ってるかわかりませんが、
おたのしみに!!

写真は僕越しの、頑張ってる針生さん!

透き通るようなええ〜声や〜。

グリゼリディス受賞!おめでとう!

どーも。夜は夜で暑いですな〜。

さて、昨年10月に上演した「グリゼリディス」というオペラがありました。
ま、ね。ブログ色々あってサボってた時期なんですけど・・・。
だから、多分ほとんどの人が知らないかもしれませんが。。。

その「グリゼリディス」が第14回三菱東京UFJ信託音楽賞 奨励賞に選ばれました。

やっふー!!

東京オペラプロデュース主催の日本初演のオペラでした!
そして、僕がオペラプロデュースに初めて参加させていただいた作品でもあります。

どんなオペラか・・というと・・・。

猫・・・?

こんな感じ。
人生初めての猫耳です。
そりゃ受賞しますよ。僕が猫耳つけたんですから(笑)うそですけど。
そして、目が赤! 酔っ払い!違う!死神の目!
そりゃ受賞しますよ。ノートに名前書いちゃいますよ!(笑)うそですけど。

一緒に写ってる羽山弘子さん。勉強させていただきました。
よく見るとまつ毛が・・・。

以来三度連続で乗せてもらいまして、
「ベルファゴール」タイトルロール、「ラインの妖精」ゴットフリート役と、
相当なオペラファンでも聞いたことのないような(笑)日本初演携わって来ました。

日本初演のこそ、力入れて考察し、皆さんに知ってもらいたいなとも思います。
特に、こうやって受賞すると、
より現金な気持ちになります(笑)。

ということで、とにかく今日は祝杯を!

カヴァレリア完走!

カヴァレリア・ルスティカーナ。終幕しました!!

実はまだ、道化師やってるんですけど。
こっちは美酒に酔いしれ・・・嘘です。

ご来場くださった皆様!
ありがとうございます!

日本語公演という特殊な中で、
南イタリアの風を始終感じていられる舞台でした。
それはもちろんマエストロ佐藤さんと、演出家岩田さんのお力です。
いろんなサジェストの中で、
自分がアルフィオという人生を歩いて来たということに徹し切れたのが、
何よりも大きな収穫でした。

おかげで衣装きたらずっと鏡見ていました(笑)

鏡を見てアルフィオに成りきった時の顔!

共演者も冷静と情熱の間を上手に走りきり、
見事!と言わざるを得ません!

さて、今回のカヴァレリアに関して、いろんなネタバレ的な考察を書いてきましたが、
いかがだったでしょうか?
僕ら舞台側の思惑を少しでも感じ取ってくれていたら嬉しいな。

とりあえず、一区切り。今日は飲みます!