スター誕生はもうすぐ!

スター誕生の台本が出来上がって一週間ほどが経ちました。

70年代ってのは時代の転換期。
戦後の高度成長期も終盤。
敗戦から立ち直った日本人がやっと自信を取り戻した時代です。

日本の戦後を支えた一つにテレビがありました。
街頭に人が集まり一つのテレビを見てプロレスに熱狂する。
働くこと、生きる事に精一杯だった日本人が唯一すべてを忘却して興じたものです。

家に一台ずつテレビが来ると、
一家団欒の一つのアイテムとして、家庭の中心に存在しました。
また、そのテレビを買ってきた父親という存在も家庭の中で大きいものでした。

テレビというアイテムは誰でも楽しめる。そして夢を見せてくれる。
今までに見たことのないものが目の前で繰り広げられるということは、
その世界を目指す人も多くなったんだろうと想像できます。

そのテレビの流れと同じようにラジオの存在がありました。
ラジオは言葉と音楽。音だけを伝え、想像力をかきたてるもの。
戦前からラジオの影響力は大きかったのだと思います。

戦後、欧米の音楽が入ってきます。
日本にはない特有のリズム、楽器。
戦後の日本に多大な影響を与えました。

その音楽が高度成長期終盤からテレビにどんどん映るようになります。
日本的な欧米。

全く歴史のない世界に沢山の人が夢を求めました。
テレビも爆発的に普及し、生まれる利益も桁違い。
まさにゴールドラッシュだったはずです。

そんな中に生まれた「スター誕生」という番組もまた、
沢山の人の夢を呑み込んで消えていった番組です。

今回の「スター誕生」というミュージカルは、
基本的にはフィクションです。

そして、僕が演じる「松沼泰世」という役ももちろん架空の人物です。
ただ、この役がこの「スター誕生」という世界を最も表しているような気がします。
作曲家としては才能があるかどうかは怪しいもんです。
でも、業界で最大のタブーを背景に、
上手にのし上がってきたのでしょう。

その結末もまさにゴールドラッシュに夢を見た人そのもでした。

まさかそうなるとは・・・。
この「松沼泰世」の結末が最も70年代のテレビ業界を如実に表しているかもしれません。

そんなことを思わずにはいられない哀愁漂う公演になると思います。

あとは踊りが踊れるか・・・。

なんと★組はチケットが4日の夜以外はキャンセル待ちになったそうです。
4日お暇の方、是非!!
image

作曲のパートナー中井義一役の小林遼介君と

出演情報 あかりのこみち

暑いですね~。

さて、「あかりのこみち」に出演することになりました!
前回は3年前ですか!

故郷で歌を歌うというのは本当に嬉しいことです。
普段僕の歌を聞きに来れない祖母や親戚のためにも、
いいコンサートを作りたいですな~・・・。

そういや、前回やった時は台風警報が発令されて、
あんまり人が来なかったんだっけな~・・・。
雨はほとんど降らなかったのに・・・。

でもそんなことではめげません!

七尾や、能登、石川県、北陸にお住みの方!
そして、北陸新幹線に乗ってみたいと思ってる方々!!
ちょっといらっしゃいませ!入場無料です!!

9月27日(日)18時半~開演
七尾市小島町 山の寺寺院群 本延寺
image

残暑お見舞い申し上げます。

夏もそろそろ折り返しです。

豪雨も半端じゃない。

そんな中、レシピ・アンの収録でした。

今回は8月29日週からの放送分。

ゲストは・・・。まだ内緒ですが、

今回はジョン君がちゃんといます!

ジョン君ファンの方!お待たせいたしました!
wpid-wp-1439816295233.jpeg

 

 

 

 

 

 

今回も本当に面白いお話ばかり。
というか、目にも耳にも面白いものばかり!!

一個だけヒントあげちゃいます。

wpid-wp-1439816515564.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ!!どう見える!?
8月29日の放送は一時間放送です!
いっぺんに二本分放送いたしますので、お間違いなく!!

新作ミュージカル『スター誕生』

毎日暑いですね~。

さて、急遽出演が決まりました。

ミュージカル座『スター誕生』。

今年初めの『クライスト』の共演者からお声掛けいただきまして、
コメディーミュージカルとなっております。

内容は・・・。

まだ正直わからない!!!

何しろ、台本作りながら稽古しております。
なので、まだゴールを誰も知りません!!
脚本家すらも!!

すごいですよね~。オペラではまずないやり方。

なので今はまだどうなるかわかりません!!

もしご興味のある方は是非!

ミュージカル『スター誕生』
脚本・作詞・演出・振付:ハマナカトオル  作曲・編曲・音楽監督:久田菜美
出演日★組 9月3日18:30~、9月4日18:30~、
9月5日13:00~(完売キャンセル待ち)、9月6日16:00~(完売キャンセル待ち)
シアター1010ミニシアター
starura

 

 

 

 

 

 

 

チケットはこちらまで!
kitagawa_biglietto@yahoo.co.jp

今日も美味しい

本日は家族で大変お世話になっている方にチケットを頂きまして、オイシービールを再び!

image

普段野球見ないんですけどねー。

しかも、どちらかと言うと、親父が中日ファンなので、ファーストスタンドにいますが、中日応援してます。

ジャイアンツファンの方、すみませぬ。

昨日まで7連敗。

でも今日は7回表の攻撃で4-0で勝ってる。

僕西武球場行くときもそうなんですけど、応援してる側、勝つんですよねー。

今日はどうかな?

しかし東京ドーム。すごい。

満員のお客さん。
これ、今日だけじゃないんですよ?

ペナントレース中毎日こんな感じなんです。

老若男女関係なく。

これを上回るエンターテイメントは日本ディズニーランドくらいなもんです。

この100の1でいいから、オペラの世界に呼べないものか…。

魔法の鈴の音に誘われて

杉並区民オペラ『魔笛』にご来場くださいまして、本当にありがとうございます。

そして、共演者、スタッフのみなさん本当にありがとうございました。
14380621108700

『魔笛』というオペラは古今東西を通じて最も謎に満ちたタイトルの一つだと思います。
キリスト教、フリーメイソン、エジプト神話、ヘレニズム文化、日本遣欧使節団、北欧神話、ギリシャ神話、
色んな要素が絡み合い、全く謎のストーリーを紡ぎだす。

昔誰かが言っていた言葉。
「オペラを追求することは、遺跡や古文書の発掘解析調査と同じこと」

まさにその通りで、一つの現象を色んなものと繋げて読み説く必要がある。
特にこのオペラはその局地的作品だと思います。

350年前に生まれたSFドラマ。

多分、初演以降誰もこのオペラの正解にたどりついていないんだろうなぁ。

作曲過程ではパパパの2重唱が一番最初に生まれたんですよね。
だから、あのオペラはパパパの2重唱に集約されて行き、そこからまた発散されて行くそんなオペラ。

そういう意味ではパパゲーノとパパゲーナの出会いのストーリーと見るのが一番正しいんだろうか・・・。

もちろん台本作者のシカネーダ氏が初演でパパゲーノを演じたので、
目立つようにはできていますが・・・。

今回の『魔笛』は非常に日本人らしいプロダクションでした。

特にブレヒト幕という生身の舞台機構。
パネルの後ろにいて操っていたのは普段は自分たちが表に出ている役者さん達です。

その人達が一つのパネルに徹して、我々歌手の音楽や演技を助けてくれる。

そして僕らはそのパネルを利用して、魔法のように登場したり、襲われたりする。

今回の舞台の要はまさにあのブレヒト幕でした。

出演者、スタッフすべての人が己のプロフェッショナルな仕事に徹する。

お互いに了解していることもあれば、知らないうちに奇跡的に生まれる作用もある。

14380621325661

それが一つの形になったいい舞台だったと思います。

僕としては、終わってから、ああすればよかったとか、こうゆうのも面白かったとか、
色々考えてしまうので、まだまだ精進が足りないなーと思いますが、

皆さんには楽しんでもらえたんではないかなと思います。

今後も色んな舞台を経験して新しい自分らしいものを追求していきます!!

みなさんついてきてねーーーー!!!!!!

メリー・ウィドー

ふー。

メリー・ウィドーの初日を終えました。

ご覧になられた方は楽しんでいただけましたでしょうか?

思いっきりかんでしまいまして、自分でも笑いそうになってしまったところがありました…。
楽しみに見に来ていただいた方には本当に申し訳有りません。

しかも、今日の映像を売り出すってんだから恐ろしい!

まぁ、生物のいいところでもあり、悪いところでもあります。

でも、シングルキャストの方はゲネと合わせてすでに6回やってるわけですので、
そこに急に僕らトリプルキャストの人たちが入り込むというのは、なかなか難しいもんです。
特にマチネをやっているので、その雰囲気が出来上がっているんですな。
パッと入って行って、急に僕らの組のカラーに変えるという作業が、今回は課題でした。
でも皆さんも百戦錬磨の方々ばかりなので、うまくお膳立てしてくださり。
舞台ってやっぱりいいなーと、改めて思いました。

さて、次は日曜日。
メリーはあと三回ありますが、僕はあと一回。
家に帰って楽譜を読み返します!!

うごけー!俺の脳みそ!!

気がつくと6月

早いですなー。

椿姫も終わってしまいました。

今回はキャストもスタッフも本当に最高の人たちが集まりまして、
最後の最後まで発展していく舞台でした。

大きい舞台を上手に使った大きく広いセット。
暗めの照明でものの少ない、鏡張りのセットを上手に浮かび上がらせていたし、
一人一人のこだわった衣装。
言葉のひとつひとつの表現にこだわり、演出家の全ての要求に答えきった歌手。
そしてそのすべてを出させた演出家と指揮者。何しろ稽古場がいつも明るかった。

プロフェッショナルなお仕事でした。

ただ言えるのはこれは再演が大変だろうなーということです。

個々の技量に頼るところの大きかった舞台。同じものを違うキャストでやるのは至難の技だと思います。

さて、そんなこんなでもう今週はメリー・ウィドーの本番です。
なんと、7日日曜日の回は完売したらしいです。

マジで?

でも、当日券はあるとかないとか。

どゆこと?

このプロダクションはとにかく若い!

特にミュージカルをメインにやってるキャスト。
前の「クライスト」の時も感じましたが、若い力でバンバン前に出る感じがオペラ歌手と違うところ。

今日から舞台ですが、まだまだいろんな化学変化が起きそうです!!