蝶々夫人もいつの間にか…。

昨日「蝶々夫人」も終わりました。

満員のお客様のなかで歌えて幸せでした。
自分としては大ポカをやらかしてしまったので、昨日は家で大反省会でした。

あー。やっちまった。

今日はそのすべてを払拭すべく美容院!

気がつくと3ヶ月切ってない!

のびっぱなし。

なんかそういったものを一掃してきます!

新作の余韻の中で

スター誕生終わりました!

100人強の席数ですが、それでも4日8回すべて満席となりまして、
大入り袋出ましたよ!!

大入り袋って劇団や役者さんたちには一つ儀式があるんですよ。

まず、貰った大入り袋の入り口部分をしっかり持って降るんです。
袋のお尻側からコインが飛び出してくるまで何回も降るんです。

そして、コインが飛び出したら、共演者と交換する。
これはもう一度共演したい人と一度だけ交換するという人もいるし、
みんなととっかえひっかえ交換する人もいます。
僕は後者。

そして、その交換したコインをすぐ使うんだそうです。
すると、また交換した人と一緒に舞台がやれると。

ただ、あんまり強く降りすぎるとコインがビューんと飛んでいきます。
飲み屋でやると、コインが飛んでって皿が割れたりします。
気をつけましょう!

しかし、新作というのはやはり面白いですね。
産みの苦しみもありますが、生まれた時の嬉しさはひとしおです。
ただ楽しい作品だけをやればいいわけでもないですが、
それでも、お客さんを楽しませることのできる作品はやっぱり力があると思います。

脚本のハマナカトオルさんの作品は初めての経験でしたが、
圧倒的なお客さんに語りかける力がありました。

言葉の選び方、リズムなんかがとても上手。
たった一つの文字が増えても減ってもなにかがうまくいかない。

とてもいい勉強になりました。

さて、今週は芸術劇場の蝶々夫人。
僕は神官の役なんであんまり出番はありませんが、

スター誕生の世界から急にプッチーニ。
このギャップがやめられない!

スターは誕生したか?

明日でとうとう千秋楽を迎えるミュージカル座の『スター誕生』。

100人しか入らない箱でやるのはもったいないな~と思ってしまう作品でした。

最初は本当に台本が出来上がってないし、
どうなるんだろ~と思いながらやっていましたが、
千秋楽を迎えると、良く頑張ってきたな~と思います。

いよいよ最後のスター誕生。

実際チケットはもうないんですが、
もしかしたら、もしかしたら・・・当日券あったりして?

最後は4時の公演です。お間違いなく~!!

9月1日は防災の日

涼しくなりましたが、毎日雨ですねー。

雨は自転車が不使用になるのでやっぱり嫌ですねー。

9月です。

明日は僕の出番ではないんですが、スター誕生の初日です。
ミュージカルの舞台稽古はオペラより大変です。

オペラの場合、場当たりしたら、すぐ通しなんですが、
ミュージカルの場合はですね。

まず、音響レベルチェックというのがあるわけです。
マイクもつくので、それぞれの声に合わせて出力を合わせる。
曲も基本カラオケなんで、そこに使われてる楽器やリズム、音量によってレベルを変えます。
もちろんその音楽の上に乗せるのが歌なのか台詞なのかにもよります。

そして場当たりもなかなか大変です。
やっぱりダンスがありますので。
舞台の上での立ち位置もオペラに比べてシビアです。

なので、その場当たりでの集中するのは本当に難しいです。

同じ舞台でもこんなに違うんだなーと実感します。

つーことで、そんな9月の始まり。
まずはスター誕生を楽しみましょう!!