カヴァレリア完走!

カヴァレリア・ルスティカーナ。終幕しました!!

実はまだ、道化師やってるんですけど。
こっちは美酒に酔いしれ・・・嘘です。

ご来場くださった皆様!
ありがとうございます!

日本語公演という特殊な中で、
南イタリアの風を始終感じていられる舞台でした。
それはもちろんマエストロ佐藤さんと、演出家岩田さんのお力です。
いろんなサジェストの中で、
自分がアルフィオという人生を歩いて来たということに徹し切れたのが、
何よりも大きな収穫でした。

おかげで衣装きたらずっと鏡見ていました(笑)

鏡を見てアルフィオに成りきった時の顔!

共演者も冷静と情熱の間を上手に走りきり、
見事!と言わざるを得ません!

さて、今回のカヴァレリアに関して、いろんなネタバレ的な考察を書いてきましたが、
いかがだったでしょうか?
僕ら舞台側の思惑を少しでも感じ取ってくれていたら嬉しいな。

とりあえず、一区切り。今日は飲みます!