ヴェリズモ

さー、あと一週間ですか。
今回の杉オペのカヴァレリア。

この作品19世紀末に書かれたイタリアオペラで、
作曲者が自身の過ごしたシチリアの田舎町をモデルにしています。
なので、超現代劇。当時はね。
そして当時の手法としてヴェリズモオペラ(現実主義)で描かれています。
つまり、登場人物が、仕草や表情を含め、特別なものではなく、
その内容は一般市民、特に貧困層の人々を中心に描かれた、
その中でも悲惨な出来事を細微に描くこと。

だから、まーね。人がね・・・死ぬんです。
当時のオペラはまず人が死ぬことで解決して行くことが多い・・・。

19世紀末ってことは日本は・・・明治ですね。
文明開化後の和洋折衷の時代です。
これより後にトスカや蝶々さんなんかが生まれます。

ヴェリズモって言うとね、
昔イタリアの語学学校でヴェリズモについて勉強したことがありました。
その時は美術の作品だったんですが、
うろ覚えなんですけど、確か、
ミラノの郊外の公園に美術作品として、
子供の人形が数体、首を吊ってぶら下がっているというのがあって
物議を醸し出したんですね。

そりゃそうです。子供が遊ぶ公園ですよ。

それをトーク番組でキャスターと美術の作品専門家かなんかが話しているんですが、
キャスターは当然これは酷いというようなことを言うですが、
その美術の専門家は、
「でも、これは人形でしょ?」って言うんです。
「今の時代なら子供の死体も紛争地域に行けば買うことができる」
「本当にリアリズムを追求するならそこまでやるべきだ」だって。

当時のイタリア語を勉強中だった僕は、
これを教科書にのっけれるイタリア人てすごいなって思いましたけどね。

ヴェリズムとリアリズムどちらも日本語に訳すと「真実主義」「現実主義」
美術でいうと写実性なんですって。
まるで本物のリンゴのように描く。

上の話だとじゃリンゴ置いておけば?ってことになっちゃうんですけど、
公園に首吊りを飾る(酷い言い方ですけど)ほど世間に訴えたいことがあるなら、
死体を買ってでもやり遂げるべきだっていうのがその専門家さんの意見だったですね。

専門家さんも悪い人ではなかったんですよ。
ちょっとリミットが高めだったんですね。

リアリズムとヴェリズムを区別するなら
真実に見せるものと真実を見せるもの。
そこの差だということです。

となると・・・僕も高田さんを刺し殺す必要が・・・。

でも文学作品はそういうわけにいかないですからね。
そうしたら究極その登場人物が本人がやる必要があるし、
舞台に乗っける時点でかけ離れてる。

でもヴェリズモオペラと聞くといつもその語学学校の授業を思い出します。
そこまで真実を追求して表現すること。

楽しい杉オペ「カヴァレリア・ルスティカーナ」
あと一週間です!!

朝から酷い内容の記事でした。
気分を害したらごめんなさいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です