アルフィオの考察

今日はオケ付き通し稽古でした。

小学校の体育館を借りて、灼熱の中、熱演!
携帯までが熱を持って、撮影出来ませんでした。

さて、アルフィオという男。
よく、マフィアの前身だ。なんて言われるんですけど、
どういうことなんでしょうか。

アルフィオの職業は馬車屋です。
馬車ってのは19世紀後半のシチリアでは、最大の移動手段です。
もちろん車もある時代なんですけど、
ものすごい悪路だったはずなんです。

現在のイタリアだって悪路なんですから(笑)。

なので、その町の馬車の全てを掌握しているということは。
流通・貿易を牛耳っているんですよね。
その町の特産となるワインやオリーブなどその値段なども、
結局は馬車屋の流通コストによって左右されるわけです。

そして、その流通の先で必ず親密になるのが軍や警察など。
当時はまだ城壁・城門がしっかりしていたはずです。
そこの衛兵や関所を守る兵隊たちと当然仲良くならないと流通はままならないからです。
そうなると地元では手に入らないものや、都会からくる最先端技術だけではなく、
武器が手に入るようになるんですよね。

また、人脈も広がって行くので、弁護士や医者などはもちろんですが、
当時工業化が進んできた北部と違い、南部は農村ばかりでした。
だから工業化のための人夫や娼婦など下層階級までを流通の中で扱うことになるんです。

これだけならまだ、大店の若旦那くらいなんでしょうけど、
そこにシチリア人の気質が入ってくるんですね。

カヴァレリア・ルスティカーナというのは「田舎者の騎士道」という意味ですが、
もっと意訳すると、今回の杉オペの演出家の芯である、「田舎者の見栄」となります。

アルフィオにとっての騎士道は、自分の沽券・プライドです。
これを傷つけられたら全てを壊すほどの力を発揮する。
すでに、この町の実力者となり、田舎以外の世界の広さを知ってしまった男に、
兵役だとしても外の世界を知って帰ってきた男には、何か近しいものを感じていたかもしれません。

しかし、トゥリッドゥからしてみれば、外の世界を知ってしまっている分、
田舎の生活に絶望し、外の世界との繋がりがある男には嫉妬してしまうのは仕方がないことなんでしょう。

ローラはトゥリッドゥの元彼女だとしても、今はアルフィオのもの。
それに手を出したのはそれ以上の思いがあったはず。
一度はサントゥッツァに心を動かしたとしても、やはり閉鎖された田舎の中に生きた女性と、
外の世界と繋がりがある女性とでは、心が揺り動かされるのもなんとなく、わかる気がします。

アルフィオの傷ついたプライドはトゥリッドゥを亡き者にしただけでは治らないでしょう。
オペラとしてはトゥリッドゥが殺されたところで終わりますが、
サントゥッツァとマンマルチアの最後の叫びのあと、
その町が、そこの人々がどうなって行くかの。
それこそがこのオペラがヴェリズモオペラと言われる所以です。

アルフィオの考察” への7件のコメント

  1. 酷暑の中、お疲れさまです。カヴァレリは過去何度かみておりますが、はっきりいって、間奏曲がきれいだけであまり興味ある作品ではありませんでした。(失礼お許しください)ただ、今回イケメン様のブログを拝読しその背景等色々深く理解でき、とても興味がわいてまいりました。オペラは自国でなく、又時代考証とうかあるのでこの様にご説明頂くととても興味がわき、より伺うのが楽しみになります(^^)どうもありがとうございます。こういう、プレオペラレクチャーがご出演者の方々によってあるようになるときっとオペラがもっと身近にそして理解ご深くなるとおもいます。♪
    腰のお具合はいかがでしょうか?あと一週間、くれぐれもお大事になさってください。そして来週がとても楽しみです。

    • 〉ひなこさん

      いつもありがとうございます。
      そうですねー。
      オペラなんて普通知らないもんですからね。
      見てもらう側としては、少しでも見やすい環境を作って楽しんでもらいたいなと思います。
      腰だいぶ良くなりましたよ。

  2. 先生との出会いが無ければ、オペラは見なかったろう私にとって、ここ一連のブログは貴重でした。
    唯一、見たオペラは、7〜8年前、林美智子さんのカルメン。(それで、林さんが大好きになったのですが、)
    演劇もミュージカルも好き。でも、オペラはな……と、とても足が遠かったのです。
    私にとっては、映画「ゴッドファーザー」と、「ニューシネマパラダイス」の舞台であったシチリアが、このオペラ「カバレリア」ではどんな舞台になるのか、ヴェリズモオペラとはどんなものなのか、先生がアルフィオをどのように演じられるのか、とっても楽しみにしています。
    先生の体調が良い状態で舞台に立てますように*\(^o^)/*

    • 〉KOBAさん
      それはそれは、嬉しいです。
      僕もゴッドファーザーは何回も見てて、カヴァレリア始まってからも1回ずつ見直しました。パート3の最後に流れるカヴァレリアの間奏曲がなんとも言えません。
      あのくらい心に残るような舞台に仕上げたいですね〜。

  3. イケメン様、
    とてもお馬鹿な質問だったらお許しください。ごめんなさい。カヴァレリはいつも道化師と一緒に上演されることが、多いと思いますが、理由が、あるのですか?

    • 〉ひなこさん
      おお、なるほど。あんまり考えたことないですね。
      まず、2つともヴェリズモオペラの代表作であること。
      作曲された時期が近いこと。
      公演時間が短いこと。
      主にはこの三つですかね。
      しかもカヴァレリアが先で道化師がいつもあとなんですよね。

  4. 先生、
    お返事ありがとうございます。オペラって、実は素人には色々と不思議に思うこと多いのです。でもなかなか聞く機会がないのですが、先生のご説明とても分かりやすいです。上演される前のプレオペラ講座とかして頂いたら、もっとオペラに足を、運ぶ人が、増えるとか思います。酷暑の折り、くれぐれもお体ご自愛ください。本番、とても楽しみです(^o^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です