カヴァレリア完走!

カヴァレリア・ルスティカーナ。終幕しました!!

実はまだ、道化師やってるんですけど。
こっちは美酒に酔いしれ・・・嘘です。

ご来場くださった皆様!
ありがとうございます!

日本語公演という特殊な中で、
南イタリアの風を始終感じていられる舞台でした。
それはもちろんマエストロ佐藤さんと、演出家岩田さんのお力です。
いろんなサジェストの中で、
自分がアルフィオという人生を歩いて来たということに徹し切れたのが、
何よりも大きな収穫でした。

おかげで衣装きたらずっと鏡見ていました(笑)

鏡を見てアルフィオに成りきった時の顔!

共演者も冷静と情熱の間を上手に走りきり、
見事!と言わざるを得ません!

さて、今回のカヴァレリアに関して、いろんなネタバレ的な考察を書いてきましたが、
いかがだったでしょうか?
僕ら舞台側の思惑を少しでも感じ取ってくれていたら嬉しいな。

とりあえず、一区切り。今日は飲みます!

カヴァレリア完走!” への7件のコメント

  1. イケメン様、
    カウボーイハットに赤いシャツでもブラックタイにブラックスーツでも、イケメンなのはさすが
    イケメン様のお声は、朗々と響き渡り、素晴らしかった❗本当に、心にズドンとくる歌声です✨
    舞台も、今回は、色々な前説があったのでこちらも凄く入り込んで拝見しましたよ~✌愛は、憎しみに変わるから怖いね~で、それを全て受け止める母の愛は、素晴らしい。母をこんなに考えながら観たのは、初めて。
    全て、楽しかったです(^o^)v
    腰を痛めていらっしゃるの、全く感じさせない十字架の破壊力でした。
    あんなに十字架折ったら、やはりお祓いは、必要ですね(>_<)
    とにもかくにも、素晴らしい舞台ありがとうございました。お疲れ様でした。
    次回も楽しみです(^o^)v

    • 〉ひなこさん
      いや〜、ありがとうございます!メイクさん衣装さんにカッコよく仕上げてもらいました!
      お祓いするときに神棚を十字架の前に置いたので、なんか変な感じでしたけど。
      オペラのこと、少し書いたことで、たくさんの人がよく理解できたと喜んでもらえました。
      これからも、なるべく続けていきます!

  2. 舞台、お疲れ様でした!

    杉オペは数年前の魔笛、パパゲーノ振りです。

    考察のおかげで、より楽しませていただきました。それに、皆さんの熱い情熱が素晴らしかったです~!

    ロビーではお声かけ出来ませんでしたが、またの機会にご挨拶しますね。

    ありがとうございました!

    • 〉恵美子さん
      杉オペ3年連続の登場でした。何区民だろ(笑)
      考察も読んでもらえて良かったです!
      また是非宜しくお願いします!

  3. お疲れ様でした。
    先生のブログをきっかけに、映画を見たり,Internetを検索したり、YouTubeで「カヴァレリア」を全編聴いたりと、予習たっぷりで見た舞台でした。
    実に楽しかったです。

    ローラが幕の向こうに真っ赤なドレスで浮かび上がったところ。怒りに任せ十字架を薙ぎ倒す場面。トゥリッドゥとアルフィオのやり取り。(耳を噛むは、どうも唐突に感じるのですが)噛まれた耳を触りながら怒り去る姿。舞台にいることを楽しんでいる沢山の人々。心に残る事がいっぱい‼︎
    素敵な時間をありがとうございました。
    ( 先生の歌は、もちろん、素敵でした。)*\(^o^)/*ブラボー

    • 〉KOBAさん
      おお!すごい予習!!
      僕も最初からずっと岩田演出の虜でした。
      僕も楽しかったので、たのしんでもらえて良かったです!
      そうそう、耳を噛むってのはですね、決闘の合図なんです。
      向こうの挨拶は両頬を合わせてキスをするというのが主流ですけど、
      その流れで耳を噛むと、お前嫌い!ってことになるんだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です