妙高新井のカルメン終了!

いや〜、楽しかった。

お客さんがとにかく楽しみたくて仕方ないという感じ。

僕もそんなに数やってないですけど、

一番乗れたかもというような(笑)

合唱団も素晴らしく声が出ていましたが、

心から楽しんでいて。

セミステージ形式なので合唱団席が舞台の上にあったんですけど、

ウズウズしちゃってそこにいるのが辛い感じがビンビンに伝わるんです。

私たちもソリストと同じように舞台の中で生きたい!みたいな。

そして、今回僕の中で嬉しかったのは、若い歌い手さんに出会えたこと!

彼ね。上越教育大学の上野先生門下のバリトン。

スニガ役の吉福拓紀くん!まだ学生。

めちゃくちゃいい声で、どうやら先生になることを夢としていたんです。

でも、今回初舞台でスニが役をやって僕らと同じ舞台に乗って、

歌も歌い続けたいと思ってくれたんだって。

こういう若い子たちが育っている妙高。

今後侮れません。

そして、今日の打ち上げで来年の企画が発表されまして、

来年もこの妙高市に帰ってきます。

演目は新作日本オペラ『景虎』

それに敵役景勝の役で出演することになりました!

もう今から楽しみで仕方がありません!

ここ何年も武将ブームで、老若男女に人気があるので、

少しあやかって色々勉強したいですね〜。

ホールは1000人ほどしか入りません。

今からチケット押さえたほうがいいかもしれませんよ!

まずは信長の野望から始めるかな・・・。

妙高氏の皆さん!お疲れ様でした!そしてありがとうございました!!!

さて明日はカテドラルの本番!今から急いで帰りまーす!

妙高新井のカルメン終了!” への2件のコメント

  1. 辰彦様の感動が言葉の端はしから溢れて出ていて、こちらまで楽しくなりました。
    アーン、いいですね。妙高には行けそうにありませんが、景虎、たのしみですね。
    (NHK大河「景虎」で、毎週涙してます。)

    • 〉KOBAさん
      ありがとうございます。大変でしたが楽しかった。
      景虎そのうち東京に戻したいですね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です